長州産業

 長州産業は1980年に設立された住宅関連機器の製造販売を行う企業で、太陽光発電システムの分野には、1998年に三洋電機(現パナソニック)からHIT太陽電池のOEM供給を受け参入しました。
 
 その後、2009年には太陽電池モジュールの自社生産を行う体制に移行し、現在はインゴットからモジュールまでを一貫生産するメーカーとなり、単結晶シリコン太陽電池を生産しています。

 長州産業製の太陽電池モジュールのうちCシリーズというモジュールでは、「単結晶シリコン156角フルスクエアセル」と呼ばれる正方形の太陽電池セルを採用しています。

 一般的な単結晶シリコン太陽電池セルは、断面が円形のシリコンインゴットから廃棄する部分を極力抑えて太陽電池セルを切り出すため、角の欠けた形状をしています(下図左側)。

 これに対し、長州産業のフルスクエアセル(下図右側)は完全な正方形をしており、同じ断面積のシリコンインゴットから切り出せるセルのサイズは小さくなりますが、角の欠けがないためモジュール化した際に受光面積のロスを減らすことができ、モジュール変換効率を高めることができます。

フルスクエアセル

長州産業の太陽電池モジュールの例

長州産業CS-226C13S

型式:CS-226C13S
セル種類:単結晶シリコン
公称最大出力:226W
モジュール変換効率:16.5%
寸法:1626×84×42mm
質量:15.5kg


長州産業CS-233B21

型式:CS-233B21
セル種類:単結晶シリコン
公称最大出力:233W
モジュール変換効率:15.8%
寸法:1476×998×42mm
質量:17.0kg


このページの先頭へ