ソーラーフロンティア

 ソーラーフロンティアはCIS太陽電池を製造するメーカーです。
 
 同社は親会社である昭和シェルがNEDOとの共同で技術開発を行ってきた、CIS太陽電池を事業化するために設立された会社です。

 海外メーカーのCIS太陽電池では発電効率の向上のためにカドミウムを原材料の一部として使用しているのに対し、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池はカドミウムを使用しない環境にやさしい製品となっています。
 
 ソーラーフロンティアのCIS太陽電池は、変換効率では結晶系シリコン太陽電池に劣るものの、高温時の出力低下が小さく夏場でも性能を発揮しやすいため年間の発電量では結晶系シリコン太陽電池を上回るという結果も出ており、夏場の気温が高い地域への設置には有利な太陽電池です。

 デザイン面では黒一色の外観をしており、屋根になじみやすい仕上がりとなっています。 

 また保証制度については、太陽電池モジュールに20年間の出力保証が付くほか、周辺機器についても10年間の保証が付与されます。

ソーラーフロンティア製太陽電池モジュールの例

ソーラーフロンティア製SF165-S

型式:SF165-S
セル種類:CIS太陽電池
公称最大出力:165W
モジュール変換効率:13.4%
寸法:977×1257×35mm
質量:20.0kg


ソーラーフロンティア製SF160-S

型式:SF160-S
セル種類:CIS太陽電池
公称最大出力:160W
モジュール変換効率:13.0%
寸法:977×1257×35mm
質量:20.0kg


このページの先頭へ