多結晶シリコン太陽電池

 多結晶シリコン太陽電池は、基本的な構造は単結晶シリコン太陽電池と同様ですが、原材料として単結晶シリコンの破片をつなぎ合わせた構造の多結晶シリコンを使用する点が特徴となっています。

多結晶シリコン太陽電池のメリット

 多結晶シリコン太陽電池は、原材料となる多結晶シリコンが単結晶シリコンインゴットの端部を再利用して生産可能なことなどから、原材料価格を低く抑えることができます。

 このため、単結晶シリコン太陽電池よりも低コストで製造でき、価格と性能のバランスの良さから現在主流の太陽電池となっています。

多結晶シリコン太陽電池のデメリット

 単結晶シリコン太陽電池よりも低コストで製造できるというメリットを持つ多結晶シリコン太陽電池ですが、結晶構造の揃っている単結晶シリコン太陽電池と比較して変換効率はやや劣るというデメリットを持っています。

多結晶シリコン太陽電池セルの外観

 多結晶シリコン太陽電池セルは下の写真のような外観をしています。

 多結晶シリコンが多くの単結晶シリコンの断片で構成されている為、単結晶と単結晶の接する個所に結晶粒界という面ができ、この部分で光の反射が変わるため、表面に独特の模様を持つ外観をしています。

 多結晶シリコン太陽電池セル

このページの先頭へ