アモルファスシリコン太陽電池

 アモルファスシリコン太陽電池の原材料である、アモルファスシリコンは規則的な結晶構造をもたないシリコンであり、非晶質シリコンとも呼ばれます。

アモルファスシリコン太陽電池のメリット

 結晶系シリコン太陽電池がインゴットと言う結晶シリコンの塊をスライスして原材料とするのに対し、アモルファスシリコン太陽電池では、原料となるシランガスを太陽電池の基材となるガラス板などに直接吹き付けて形成します。

 このため、高温でシリコンを溶解する必要のある結晶系シリコン太陽電池と異なり、製造コストを低く抑えることができます。 

 また、アモルファスシリコン太陽電池は結晶系シリコン太陽電池と比較して、光吸収係数が大きいため薄膜化が可能です。
 太陽電池の厚さが数100μm必要な結晶系シリコンに対し、アモルファスシリコン太陽電池の厚さは1μm未満ですむため、原料の使用量が数100分の1で済み、原材料費も非常に低く抑えることができます。

 コスト面のメリットの他にも、高温環境下での効率低下が結晶系シリコン太陽電池よりも小さいという特性をもっており、夏場の発電量を多く取れるというメリットも有しています。

アモルファスシリコン太陽電池のデメリット

 低コストで製造できるというメリットを持つアモルファスシリコン太陽電池ですが、原子配列が不規則なために電子が流れにくく、結晶系シリコン太陽電池と比較して効率が低いというデメリットを持っています。

アモルファスシリコン太陽電池の外観

 アモルファスシリコン太陽電池は下の写真のような外観をしています。

 先にも書いたように、アモルファスシリコン太陽電池は原料であるシランガスを基材に低温で吹き付けて薄膜状に成形するため、基材にプラスチックを用いることもでき、下の写真のようなフレキシブルな太陽電池を作ることも可能です。

 アモルファスシリコン太陽電池

このページの先頭へ