太陽電池の種類

 太陽光発電システムに使用される太陽電池には、原材料や製造方法の違いによりいくつかの種類があり、大きな分類としてシリコン系太陽電池と化合物系太陽電池に分類することができます。

太陽電池の分類

 現在、実用化もしくは実用化に近いレベルでの研究が行われている太陽電池を、分類分けして一覧表にすると下の表のようになります。

太陽電池の種類系統表

 これらの太陽電池の中でも、シリコン系の単結晶、多結晶、多接合及び化合物系のCI(G)S系のものが、日本国内の太陽光発電システムに使用されています。

 また、他の太陽電池については、下の様な分野で使用されています。

  • アモルファスシリコン太陽電池:電卓などの小型の太陽電池機器に使用される太陽電池
  • GaAs系太陽電池:人工衛星の電源など宇宙用として使用されるこのの多い太陽電池
  • CdTe系太陽電池:主にアメリカで普及している太陽電池
  • 色素増感太陽電池:研究段階の太陽電池
  • 有機薄膜太陽電池:研究段階の太陽電池

このページの先頭へ